すきなものだけすきなだけ。

育児とソーイングとカメラとその他

退職後、失業手当を50万もらって住民税と健康保険と年金を納めたら手元に残ったのはたった10万円だった

失業手当については別エントリにて
blog.kinokodake.com

出て行くお金が想像以上に多く、失業手当でウハウハ!と安易に考えている方は要注意。

前提

・年収400万の5年目インフラエンジニア
・退職日は2016年9月末日
・同年11月から失業給付金をもらい、翌年2月からは夫の扶養に入った

支払い明細

失業手当をもらう間、納付義務があるものは3つ。

①国民年金
月払い。保険料はその年度の物価や賃金などから調整され決定される。
国民年金保険料の額は、どのようにして決まるのか?|日本年金機構

10月分 16,260円
11月分 16,260円
12月分 16,260円
1月分 16,260円
合計 65,040円


②国民健康保険
月払い。会社で入っていた保険を継続するか、やめて国民健康保険に入るか選ぶ。
国民健康保険を選択。毎月10日までに払い込まないと自動キャンセルになる。
市区町村によって金額が決定されるため、引っ越し後少しだけ値段があがった。

10月分 27,888円
11月分 27,888円
12月分 28,000円
1月分 28,000円
合計 111,776円


③住民税
前年度の所得によって計算される。
給与から毎月徴収されていたが、退職後は自分で納付書にて払込をしなくてはならない。
一括徴収か4分割か選べる。もちろん分割を選択。

<28年度>

第3期(2016/10) 48,200円
第4期(2017/01) 47,000円
合計 95,200円

しかしまだまだ終わらない。
29年度は28年度の所得から計算された税を納めなければならない。もう住んでいない豊島区に1年以上払い続けることとなった。

<29年度>

第1期(2017/06) 37,100円
第2期(2017/08) 36,000円
第3期(2017/10) 36,000円
第4期(2018/01) 36,070円*1
合計 145,170円
最終的に手元に残った金額

給付金:+517,320円
納税額:-417,186円
差し引き:100,134円

*1:払い忘れて3月に納付したため、70円追加徴収された