すきなものだけすきなだけ。

育児とソーイングとカメラとその他

自立する木製ベビーゲートが我が家のベビーサークルとしてぴったりだった話。

f:id:p_-q:20180913150647j:plain
こどもが9ヶ月になり、はいはいのスピードが加速。
目をはなすとすぐどこかに行ってしまう・・。
夫の仕事兼作業部屋を(いわゆる書斎)を、こどもを見ながらソーイングができるようなワークスペースにしたかったので、間仕切りかベビーサークルを探していました。

設置スペースについて

6畳の書斎と、4畳の寝室が引き戸で仕切られている間取りで、入り口は書斎側の右手前。

f:id:p_-q:20181001235653j:plain
※いまはピアノからシステムデスクになっている

ベビーサークルを置く案

六角形は場所をとるし、四角はだいぶ狭そう。
プラスチック製は色がワンパターンでデザインがイマイチ。
夫の仕事部屋でもあるのでできれば部屋をシンプルにシックにまとめたい。
別室の入り口に設置した、またぐタイプが危険だったので*1扉は絶対ほしい。
ほとんどのベビーサークルはパーツ同士をかませるだけで固定しないため
子供が内側から押したりすると、形を保てずゆがむそう。
はさみやアイロンがあるし、場所は絶対固定したい。

ゲートを置いて間仕切りとして使う案

置くタイプ、突っ張り棒タイプは片側が引き戸で寝室と隣あってる間取りのため使えない。*2


条件が盛りだくさんで諦めかけていたのですが、
1つだけ条件にぴったり合うものを見つけたのです。

それがこちら、自立型木製パーティション!!


これのすごいところ
・自立する
・木製で部屋になじむシンプルデザイン
・頑丈
・扉つき
・パーツ同士をネジで固定しているため動かない


木製で重たいので設置がちょっと大変ですが、単純なつくりなので女性でも30分くらいで終わります。

最初は間仕切りにと考えていましたが、2辺を曲げて壁側につけ、長方形にして使うことにしました。
意外と広いので、大人もいっしょに入って遊べます。
枠からしっかり顔が見えるので泣くこともないし、ガンガン揺らしてもびくともしません。

とっても気に入ったので、リビングと和室の間仕切りにも同じものを購入しました。

*1:つっぱり棒式の安全ゲートを設置したところ、深夜にミルクを作りにいくのに寝ぼけて転びかけたり、こどもを抱えながらまたいでよろけてしまい、早々に捨てることを決意。

*2:置くだけタイプは使えそうなものだが、両端が壁や柱に面していなければならないためNGだった