すきなものだけすきなだけ。

育児とソーイングとカメラとその他

繰り返す乳腺炎はこどもが原因かもしれない

12月に生まれた息子。
吸う力が弱く、上手におっぱいが吸えませんでした。
混合でしたが、哺乳瓶でも飲むのが遅く、体重増加も芳しくなく、毎日のようにおっぱいが詰まり、カチンコチンに張るたびに助産院へ通いました。
週4回ひと月ほど、雨の日も雪の日もまだ生まれて間もないこどもと電車で向かう。
インフルをもらわないか気が気じゃないし、生まれたばかりの赤ちゃんを連れて歩いていて人の目もこわい・・。
40度近い熱も2回出て(念の為インフルエンザの検査もして陰性)
頭痛の中泣きながら授乳したのも一度や二度ではありません。
食事もサツマイモと豆腐に制限されたけれど一向によくならない。。
(痩せるかと思ったけど質素な食事だからと安心して食べ過ぎてたためむしろ太った・・)

通い詰めて1か月、助産院で「こんなに頻繁に詰まるのはおかしい!もしかして赤ちゃんの口が原因かも。」と言われました。
えっいまさら?!!?!と驚きつつも赤ちゃんの口元を見てもらうと、上唇小帯という上唇のウラの水かきのようなところがくっつき気味とのこと。
毎回ラッパのような口にして授乳はしていたけど、どうしても空気が入ってしまってうまく吸えななったのはこのせいだったんだなあと納得しました。

そして口腔外科の先生を紹介してもらい、1週間後に診察。
・前歯が生えるすぐ上くらいまでくっついている
・将来、歯並び・歯磨きに影響が出るかもしれない
・のみきるのに時間がかかるため赤ちゃんが疲れてしまう
・うまく吸えないストレスから体がこわばったりしてるはず

などの説明を受け、かんたんな手術で解消します。とのことなので
2つ返事で手術を了承し、3週間後くらいに予約をとり、当日旦那とふたりで向かいました。


口腔外科といっても、普通の街の歯医者さん。
診察用のイスを倒し、ブランケットでくるんだ赤ちゃんをのせ、親がイスにのぼって上から赤ちゃんの肩を押さえつける。
私は絶対見ていられないと思い旦那にお願いしました。
手術の時間は5分程度でしたが、泣き叫ぶ我が子を見てほんとうにつらかった。
この選択は正しかったのか、他にできることはなかったのか。頭をぐるぐるぐる。

そしてその後2、3日はもう大変。 私たちの姿が一瞬でも見えなくなるだけでギャン泣き。あんなに悲痛な鳴き声を聞いたことがない。。
手術を思い出してこわいのかなあと胸がちぎれる思いでした。
このままだったらどうしようと不安でしたが、1週間もたてば元通りの息子になりました。ほんとうによかった。。

 
・・・
 

そしていま。まったくといっていいほど詰まらなくなりました。
乳首のやわらかさがぜんぜんちがう・・!
あのつらかった日々は何だったのか。
手術を決めたことを後悔しかけたけど、今ではしてよかったと思っています。
のどをならしてごくごくのんでいる姿はなんとも言えないかわいさ。
 
いまも、たまーに詰まることもありますが、お風呂でマッサージしたらすぐ取れます。